小学生の夏休みの過ごし方
夏休みの過ごし方を「準備」「計画」「宿題」「こんな考え方」というカテゴリごとに紹介。
TOP > 夏休みの準備 >

理想的な1日の過ごし方を考えよう

ご自身の夏休みの思い出をふり返っているうちに、夏休みを過ごしていた頃の記憶や感覚が少しずつ戻ってきたのではないでしょうか。

それではここで、現時点の理想の1日の過ごし方(タイムスケジュール)を立ててみましょう。

一日にすることはいっぱい!

朝起きて夜寝るまで、一日にすることはいっぱいあります

現時点ではまだどんな宿題が出るのか、ラジオ体操やプールの時間などはわかっていないかもしれません。

ここで考えるのは、あくまでも理想であり、仮のスケジュールです。
まずは、現時点で考えられるスケジュールを立ててみましょう。

作るのは保護者の方だけでもお子さんと一緒でも、どちらでもかまいません。
それでは、参考までにサンプルの1日のスケジュールを見ていきましょう。
 6:00 起床
 6:30 ラジオ体操
 7:00 朝食
 7:30 お手伝い、休憩
 8:00 宿題
 10:00 プール(遊び)
 12:00 お昼
 13:00 自由時間・昼寝など
 17:00 宿題(塾)
 19:00 夕食

ご自身で考えて理想的な1日の過ごし方と比べて、どうでしょうか。

学童に入っているご家庭は、昼間は学童の時間になるかもしれませんし、全然このスケジュールと違ったものが出来上がったかもしれません。

いずれにせよ、皆さんが考える「理想的な1日の過ごし方」がはっきりしたことで、更に夏休みが現実的なものとして感じられたと思います。

あとは、宿題の量や、旅行のスケジュールなどを当てはめて、理想と現実のギャップを埋めていくのですが、「理想」という軸がはっきりした分、調整の判断がしやすくなったと思います。

[ ← 夏休みの思い出はなんですか? ] [ 夏休みについて子供と話す → ]

夏休みの準備
夏休みの計画の立て方
こんな考え方もある
夏休みの宿題の進め方
Copyright (C) 2010-2018 小学生の夏休みの過ごし方 All Rights Reserved. (
コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン