小学生の夏休みの過ごし方
夏休みの過ごし方を「準備」「計画」「宿題」「こんな考え方」というカテゴリごとに紹介。
TOP > こんな考え方もある >

夏休みのお昼ごはん

子供たちは夏休みの宿題が最大の不安だとすると、
お母さんたちにとっての一番の悩みがお昼ご飯ではないでしょうか。

40日という長丁場の夏休みですので、無理をしてながら毎日のお昼ご飯を作るのではなく、できるだけ楽(たの)しみながら、楽(らく)をしながら作りましょう。

そう考えると、コンビニやスーパーのお惣菜も心強い味方です。
時にはそれらをうまく利用しつつ、手作りにもこだわれるといいですね。

夏休みのお昼ご飯の王者「そうめん」

夏休みのお昼ご飯の王者「そうめん」

ここで気になるのが、お隣さんがどんなお昼ご飯を作っているかということ。

夏休みのお昼ご飯の例を少し紹介しましょう。
各家庭ごとに特色が表れていますよ。


【手作り派】
 ・朝食の残り物
 ・そうめん、チャーハン、カレーのローテーション
 ・子供と一緒に作る(料理教室)
 ・時々カップラーメン
 ・お昼はおにぎりと決まっている
 ・朝、お弁当を作っておく

【惣菜派】
 ・コンビニで買う
 ・パンと牛乳
 ・宅配弁当

その他
 ・実家に行って食べさせてもらう
 ・イベントなどに参加させて、そこで食べてくる
 ・外食(外食はランチが充実しているから)


これだけでも、なかなか参考になるのではないでしょうか。

毎日お昼ご飯を作るのは大変です。
かといって、毎日カップラーメンやコンビニというのも抵抗があるでしょう。
そう考えると、基本は手作りで、週に1・2回程度はコンビニなどを利用するというのが現実的なところではないでしょうか。

極端な話、毎日コンビニでも死にはしません。
逆に、無理をして昼食を作り続けてストレスを溜めることに比べたらも、親子ともどもよっぽど健康的です。



長い夏休みです。
親もあまり頑張りすぎずに、楽しく夏休みをすごしましょう。

[ ← せっかくの夏休みなのだから ] [ 人気のお昼ご飯メニュー → ]

夏休みの準備
夏休みの計画の立て方
こんな考え方もある
夏休みの宿題の進め方
Copyright (C) 2010-2018 小学生の夏休みの過ごし方 All Rights Reserved. (
コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン